画像による展示会装飾

展示会装飾のうち、商品の働きや仕組みを伝えるうえで、画像や動画による説明が効果的なことがあります。



複雑な機構や、性能を示すデータの表示、商品テストの様子などを動画を作成して、それを会場で上映することになります。
来場者が絶えず流動していることを勘案して、留まっていてもらえる時間はそれほど長くありません。

その短時間のうちに効果的な動画を編集し、音声や音楽などを盛り込む装飾を委託会社に依頼して作ってもらいます。
そのためには社内に来てもらい実験やデータを撮影し、原案となるものを制作してもらいます。さらに修正や調整が必要なことを挙げて手直しします。

日本経済新聞選びをサポートするサイトです。

音声ナレーターやテロップなどの導入、効果音など様々な工夫を取り入れてよりわかりやすく、そして短時間で意図したことが伝わるか否かを評価します。画像や動画はより鮮明で必要のないところをカットし、なるべく必要な個所がわかるようにモデルを使ったり模式図を併用したりします。
そのことを通じてよりわかりやすくすることをこころがけます。こうして作成した動画や画像は展示かいブースの一端で上映されることになります。



その場所は人がとどまりやすいようにデザインします。


そうした作業を経て展示会で映像による装飾による説明が提供されることになります。


展示スタッフによる案内とともに、さらに展示商品とともにあると身近に感じられ、展示会の来場者はより認識を深めたり理解につなげたりできるようになるでしょう。