展示会のパンフレットのデザイン

新商品や企業イメージの定着のための展示会を催すことがあります。
その際にパンフレットを印刷して来訪者に配ることもがあります。



こうしたパンフレット類は様々な形状のものがありますが、かさばらないリーフレット形式のものがよく使われます。


大部にならない利点を有し、それでありながら主張のポイントを押さえたものとなります。

当然ですがこうしたパンフレットは、展示会のデザインとの一貫性が求められます。


一つの新商品については、展示会だけでなく、CM、新聞、雑誌、ホームページなどの広告についても共通のデザインのほうがより強くアピールすることが可能になります。そのデザインの一貫性により、興味をもった顧客にそのイメージが定着しやすくなります。

独自性の高いYahoo!ニュースのことならこちらのサイトが便利です。

したがってパンフレットからもその一端が印象付けられるようにデザインします。

テーマカラー、ロゴ、商品のキャッチフレーズなどを目立つ位置にちりばめます。

アイキャッチとなるそれらが適切に配置され、すっきりとしたイラストや文字、わかりやすさにより、上記の商品イメージの定着が図れることになります。


したがって、こうしたパンフレットやリーフレットの制作を委託する場合には、詳細にわたって、業者との間で打ち合わせを行い、展示会ブースとの整合性を持たせます。


このあたりの配慮が行き届くと、商品のイメージを鮮烈にでき、その印象も強めることができます。リーフレットを手に取った際に、その印象が記憶としてどれか部分的にでも残るようにできればそれは成功していると言えるでしょう。